肌が弱いけど脇の臭いが気になる!無添加のデオドラントは?

「脇の臭いがきつくてデオドラントを使いたいのに肌が弱くて市販のものだと使えるのがない…」

「肌が弱いけどわきが臭には変えられないからデオドラントをかゆいのを我慢して使わないと…」

なんて風に、脇の臭いが人にばれないか気になっているけど、肌が弱いせいで自分が思っているように臭い対策ができなくて悩んでいる方は多いと思います。

思春期の子供なんかも肌が弱くて、夏場はあせもやアトピーで肌を引っ掻き回してしまうけど、汗をかくとわきが臭がするから、学校のお友達に何か言われないかと不安に思っている保護者の方もいるでしょう。。

子供には学校から帰ってきたらお風呂に入らせて着替えさせたり、水を浸けて絞ったタオルで脇を拭いてあげて、着替えさせたりといったことしかできなくて、「もっといい方法は?」、「学校でも臭いが気にならないようにしてあげたい」と思っているのではないでしょうか。

今回は肌が弱いけど、わきが臭、脇の臭いが気になるという方にデオドラントを使って臭いをなんとかしたいという方へお話をしましょう。

制汗剤やデオドラントに含まれる肌荒れの原因になる物は?

woman_question

デオドラントや制汗剤を使っていて、よく赤くはれたり、かゆみやかぶれ、肌荒れの原因となる成分にはこんなものがあります。

塩化アルミニウム

液体タイプやスプレータイプの制汗剤でかぶれるという人は塩化アルミニウムが原因であることが多いです。

塩化アルミニウムは市販の制汗スプレーや多くの制汗剤に含まれている成分で、強い制汗作用があるのでわきが臭や脇の臭いには効果的な成分です。

ただ、塩化アルミニウムは肌表面の汗と反応して塩酸ができてしまうことがあるので、肌が弱い人は刺激になってしまってかぶれて赤くなったりかゆみが出るケースが多いです。

わきがに塩化アルミニウムの制汗剤やデオドラントは注意が必要!

アルコールアレルギー

drink_geko

お酒が弱い人に多いのが、アルコールアレルギーです。エタノールには殺菌、消臭効果がありますし、デオドラントの成分を溶かす溶媒として使われているので多くのデオドラントに使われています。

デオドラントシートやデオドラントウォーターを使って子供の肌が赤くなるのが気になる時は、お母さん、お父さんのお酒に弱い体質が遺伝したせいであるかもしれません。

アルコールは蒸発する際に皮脂を奪ってしまいます。シートタイプを多用する人は乾燥肌を促して脇の臭いを悪化させてしまうので気を付けましょう。

⇒「乾燥肌のわきが対策!臭いを抑えるためには保湿が重要!

香料、着色料

kousui

香料や着色料もかぶれの原因になります。特に香料があるタイプはかぶれてしまって肌に合わないケースもあります。

さらに、わきが体質の場合は香料と混ざって余計に変な臭いがすることになります。余計に恥ずかしい思いをすることになるので、自分でもニオイが気になる人、周りにもクサいと言われたことがあるような体臭が強い人は無香料のデオドラントを選ぶといいでしょう。

デオドラントで肌荒れが起こる人は塗り直しに気を付けよう

デオドラントの成分もそうですが、デオドラントを塗る頻度が多い人も肌荒れを起こしやすくなっています。

脇は皮膚が薄くて、汗をかきやすくて水分が失われやすい、衣服と擦れると非常に刺激に弱い部分です。

肌が強い人でも、何度も肌にとって刺激となる成分を使い続けると、あなたが知っているように肌が荒れてしまいます。

できるだけデオドラントや制汗剤を常時使う人は塗り直しの頻度が少なく持続力のあるデオドラントを使いましょう。

かぶれる前にパッチテストで確かめよう

mudage_ude

かぶれて肌が真っ赤になってしまったり、かゆみが起きてしまうという人は、事前にパッチテストでデオドラントや制汗剤がかぶれないか確認しておきましょう。

パッチテストは制汗剤やデオドラントを二の腕、太ももの内側など肌が柔らかいところに10円玉程度の大きさに塗り広げて、24時間放置してかゆみが起こるか、赤くなるかなどをチェックしてみてください。

もしも赤くなったり、かゆみが生じるなら、そのデオドラントや制汗剤は使わない方が健康のためだと思います。

ただ、ニオイの問題ってそのままにしておくとも陰口を言われたり、いじめにもなるので臭いがしているのに何もしないわけにはいかないですよね。

かゆみかぶれ、肌荒れはデオドラントを変えれば治る

脇がかゆくなる、かぶれてくる、肌が荒れてぶつぶつができるといった悩みは基本的に使っているデオドラントを変えることで改善することができます。

肌が弱い人自覚があるならまずはミョウバン

douzo_woman_left

肌が弱い人はまずはミョウバンを使ってみましょう。

ミョウバンは古代ローマ時代から使われているように昔から使われてきた天然のデオドラントです。

消臭、制汗効果があります。比較的刺激が弱く、アトピー肌や脂漏性湿疹など肌が弱い人でも使えることが多く安いのが特徴です。

ちょっと汗臭さが気になる位ならミョウバンを使えば臭いがしなくなりますし、スーパーなどで100ℊ200円程度で買うことができると思います。

簡単かつとても安く作れるので、一度は試してみてもいいでしょう。

⇒「ミョウバン水の作り方と使い方

ミョウバンを使った市販のデオドラントで人気なのは「デオナチュレ クリスタルストーンW」です。デオナチュレは効き目が良くて軽度のわきがの方であれば、それでケアできるかと思います。

ただ若干ですがミントの香りがするので、香料がないものがいいという人、香料でかぶれてしまう人は次に進みましょう。

ミョウバン由来のデオドラントでもかぶれるなら

unhappy_woman4

肌が弱くてミョウバンや、デオナチュレなどでもかぶれてしまうという人が中にはいるでしょう。

その場合は無添加のわきが用デオドラントをすすめています。

わきが体質の人はずっとデオドラントをつけることが前提なので、肌荒れに気を使っています。

植物由来の天然の成分を使っているので肌に優しいタイプのデオドラントもあります。そういったものは敏感肌の人のために保湿成分が含まれています。乾燥肌の方、制汗剤を使っていて肌荒れが気になる人でも安心して使えるでしょう。

ただ、低刺激で無添加な制汗剤、デオドラントはちょっと値段高いのが難点です。その分肌に優しく効き目が高いので、肌が弱いけど臭いをなんとかしたい人にはピッタリです。

⇒「低刺激で肌に優しく子供のわきが対策におすすめのデオドラントは?

⇒「低刺激でかゆくならないかぶれない!肌に優しいデオドラントはこちら?

このページの先頭へ