わきがかチェック!強さの程度を確かめる診断ポイントは?

汗をかくと脇が臭かったり、体からもわっとニオイがして「わきがかな?」と思うことがありますよね。無作為にニオイがしてくると「わきがクサいわ~」なんて言ってくる人もいます。

でも、日本人でわきが体質の人って10人に1人くらいしかいないんです。

日本では体臭とわきがは厳密には分けられているのですが、体臭とわきが臭を混同している人も多いみたいです。ニオイの悩みという観点で言えば同じですが…

日本人は体臭が少ないほうなので、体臭の原因は普段の生活習慣や、あなたのケア不足だったりすることが多いです。ですが、わきが体質は親から受け継いだ体質が大きく関ってきます。

今回はこのニオイってわきがなの?わきが体質なの?と不安に思っている方にわきが体質かどうかチェックする方法と、わきが体質の強さの診断方法についてのお話をしましょう。

わきが体質かどうかチェックする方法

checkbox_checked

まずは次の項目に当てはまるかチェックしてみてください。

  • 両親もしくはどちらかがわきが体質である

  • 耳垢が湿っている、キャラメル状でベタベタしている

  • 下着に黄色~茶色のシミがつく

  • 脇毛が多い

どうでしょうか?

これらの項目に2つ以上当てはまった場合にはわきが体質である可能性が高いです。

一つも当てはまらなかった場合は、おそらく、わきが体質ではありません。

わきが体質でないのに体臭が気になっている場合には、病気や生活習慣の乱れによるものである可能性が高いと考えられます。

それでは、これらのチェック項目がわきが体質とどう関連しているのか解説していきましょう。

両親もしくはどちらかがわきが体質である

happy_family

わきが体質になる遺伝子は「優性遺伝」と言います。優性遺伝とは「わきが体質でない」よりも「わきが体質」の方が遺伝しやすくなることです。

お母さんがわきが体質で、お父さんがわきが体質でない場合を例にしてみましょう。

子供は両親2人から遺伝子を半分ずつ受け継ぎますよね。すると、お母さんの「わきが体質」という遺伝子が、子供の特性として表れやすくなるんです。

わきが体質が遺伝する確率は、両親がわきが体質である場合は75~90%程度、片方の親がわきが体質であった場合には50~75%であると考えられています。

両親がわきが体質でない場合は、子供はわきが体質にならない確率が高いですが、一時的にわきが体質になったり、子供だけわきが体質になる可能性もあります。

わきが体質と遺伝については詳しくはこちらで解説しているのでよかったら見てみてください。

子供にわきがが遺伝する確率は?いつ遺伝したってわかるの?

耳垢が湿っている、キャラメル状でベタベタしている

mimikaki_oyako

わきが体質を見分ける時には耳垢の状態が大きく役立ちます。

耳垢が湿っていたり、ベタベタしているキャラメル状だと、わきが体質の傾向が強くなります。

なぜかというと、耳の穴の中には耳道腺という器官が存在しているからです。耳道腺はわきが臭の原因になるアポクリン汗腺と似た機能を持っていて、耳垢が湿っているのは、この耳道腺の分泌物によるものです。

耳の穴の中にもわきがの原因になる汗腺(耳道腺)があると思ってくれれば、わかりやすいのではないでしょうか。

耳道腺が多い人はアポクリン腺の量も多い傾向にあるので、わきが体質が強い傾向にあります。

だから、耳垢が湿っている人は、わきが体質である(アポクリン腺の数が多い体質)である可能性が高いと判断できます。

中程度以上のわきが体質の方は、ほぼ確実に「耳垢が柔らかく湿っている」という特徴があります。

特に耳垢がキャラメル状のようにベタベタしていると、わきが体質が強い傾向にあります。

ただし、乳幼児から小学校位までの子供は中耳炎であることも考慮しておいたほうがいいでしょう。わきが体質で耳垢が湿っているのではなく、中耳炎で耳垢が湿っているケースもあるのです。

子供の耳掃除をしてあげるときに、耳垢を綿棒で取ると、うっすらとした黄色くなっていることがあるかと思います。

そんな時に、子供が耳を気にしていたり、テレビの音が極端に大きい、言葉を聞き返すことが多いと思ったら、わきがよりも中耳炎を疑ったほうがいいかもしれません。風邪をひいた後は耳で炎症が起こりやすいので気をつけましょう。

参考「子供の耳垢が湿っている、ネバネバしてるのはわきがですか?

下着に黄色~茶色のシミがつく、脇が黒ずんでいる

fuku_kusyakusya

脇の下にくっきりと黄色~茶色、茶褐色のシミができる人は、わきが体質である可能性が高くなります。

わきが体質の人がアポクリン腺からかく汗は、普通にかく汗とは違って塩分以外にも、タンパク質や脂質、糖質、鉄分、リポフスチンなど様々な成分が含まれています。

参考「わきが臭が発生する仕組みとわきが体質になる原因とは?

特にリポフスチンは色素といって、黒ずみの原因でおなじみの「メラニン」みたいなものです。リポフスチン色素がシャツにつくとはっきりとした黄色、茶褐色になったりします。

わきが体質で衣類が黄ばむ人の特徴は「脇だけが黄ばむ」、「はっきりと黄ばみができる」です。

エクリン腺から出る汗で黄ばむ場合は、衣類全体が黄ばむ傾向にあり、黄ばみと地色との違いが分かりにくくなります。

一方で、わきが体質だと、アポクリン腺が存在している脇だけに黄ばみができる傾向にあります。そして黄ばみの色が強く、地色と黄ばみの境界がはっきりしています。

脇にできるシミが黄色よりも茶褐色に黄ばむ人がいますが、そういった人もわきが体質である傾向が強く、ニオイも強くなる傾向にあります。

毛深い

kebukai_man

アポクリン汗腺は毛穴と一緒に存在しているので、毛穴が多い=アポクリン腺が多いということになります。

つまり毛深い人はわきが体質である可能性が高くなるんです。

わきが臭は遠い昔、フェロモンのような働きをしていました。

だから、アポクリン腺からの分泌物が毛を伝って、異性にニオイが拡散しやすいように、毛穴と一緒にアポクリン腺があるのではないかと考えられています。

また、わきが体質の人はニオイが拡散しやすいように、一つの毛穴から2~3本の毛が生えている傾向があります。

そして、脇毛に白い結晶のようなものがつくことがあります。こういった人も中度以上のわきが体質だと言えるでしょう。

これはアポクリン汗腺から分泌された汗の結晶で、脇に汗の結晶がついていたり、脂みたいなものがついていると思ったら、その場合は中度~強度のわきが体質だと考えられます。

わきが体質の人の毛の特徴は性別によっても変わるんです。

わきが体質の男性の毛は太くなくて、細くて柔らかい猫のような毛の人が多いです。一方、わきが体質の女性は毛が太めになる傾向があります。

ただ、思春期の子供はまだ発達段階のため脇毛が生えてなかったり、判断するにはわかりずらいところがあるかもしれません。そんな時は両親の脇毛の質と、毛深さを参考にするといいでしょう。

わきが体質だと勘違いしやすいニオイ・症状

  • 体から酸っぱいニオイがする

  • 体から脂っぽいニオイがする

  • 汗をたくさんかく

いわゆる汗臭さのような酸っぱいニオイや、加齢臭のような油っぽいニオイをわきが臭だと勘違いしている人もいます。実は、これらのニオイはわきが臭とは少し違います。

足が臭いときって酸っぱいニオイがしますよね。

足にはアポクリン腺はないので、いわゆる酸っぱいニオイは汗臭さです。わきが臭とは違うのです。

汗がたくさん出るからわきが臭が拡散しやすいということは考えられますが、汗っかき、多汗症だからといってわきが体質だというわけではないんです。

これらの症状はわきがの臭いを強くすることがありますが、わきが体質の症状ではありません。

わきが臭は身の周りのニオイに例えると「鉛筆の芯ニオイ、香辛料のニオイ、カレー屋さんのニオイ、玉ねぎのニオイ、古い雑巾のニオイ、古い洗濯ばさみのニオイ」なんて呼ばれています。

わきが体質でなくても脇の臭いや体臭が気になるという場合は、病気であったり、偏った食生活や生活習慣が原因であるケースが多いです。

わきが体質ではないのに、子供の体臭が気になった時は、一緒に食生活や家の中での過ごし方を検討してみてください。

⇒「子供のわきが・体臭を悪化させる生活習慣と改善方法

わきが体質の程度の強さを診断!

わきが体質であった場合は、自分のわきがが軽度なのか、中度なのか、重度なのかもしっかりと把握しておきましょう。

  • 耳垢がキャラメル状

  • 脇にできる黄ばみが茶褐色

  • 自分ではわきが臭に気付いてない

  • 汗の量が多く、よく汗臭くなる

これらの症状に思い当たる節がある人はわきが体質が重度である可能性が高くなります。それでは、解説をして行きましょう。

耳垢がキャラメル状

わきが体質の傾向が強くなるとアポクリン腺の量も多くなります。

溶けたキャラメル状の耳垢(アメ耳)人は「重度」、湿り気のある耳垢の人は「軽度~中度」である可能性があります。

脇にできるシミが茶褐色

わきが体質だとはっきりと脇に黄ばみができますが、この時に脇にできるシミの色が黄色というよりも茶褐色になるとわきが体質が強い傾向にあります。

自分ではニオイに気付いていない

人間の嗅覚は変化には敏感ですが、普段から強いニオイを感じていると、鼻が慣れてしまってニオイを感じなくなります。

「わきが臭って本人は自覚してない」なんて言いますが、この症状は強いニオイなら強いニオイほどおこりやすくなります。わきが体質が重度の人ほど嗅覚がマヒして自分のわきが臭には気づかないんです。

自分の子供から強いわきが臭がするのに、子供は何も感じていない様子だとわきが体質が強い傾向があります。ただ、幼い子供の場合はニオイがするということが周りの人にどんな風に思われたりするのかわからないということもあります。

あくまで周りの人がわきが臭がきついと思っているのに、本人があまり気にしていない様子だと、重度のわきが体質の可能性があります。

⇒「子供がわきがに気付いてないときに親ができること

部屋に入ったときにものすごくわきが臭がすると思ったのに気にしていない、という場合もわきが体質は強いといえるでしょう。

⇒「子供部屋がわきが臭い!部屋にこもったニオイを消臭するには?

汗の量が多く、汗臭さもある

わきが体質の人で多汗症の傾向があるとか、脇にかく汗の量が多いという人もニオイの程度が強くなります。

普段から運動をしていない、汗をかく機会がない人は酸っぱいニオイと混ざってニオイが強くなるというケースもあります。

そして、エクリン腺から汗をたくさんかくことで、よりわきが臭が拡散することになります。

だから、周りの人がわきが臭を感じやすくなるんです。

体温調節をするためのエクリン腺から出る汗は普通はあまりニオイが気になりません。ですが、汗っかきだったり、普段の生活習慣が悪いと、暑かったり、運動後にかく汗がきつくなることがあります。

子供の時は汗っかきな時期でもあるので、ニオイが強いときは汗の質が関係してくることもあります。

⇒「汗っかきの子供は注意?わきが・体臭を強くするいい汗と悪い汗

わきが体質は軽度?中度?それとも重度?

これらの項目が1つも当てはまらないけどわきが臭がする場合は「軽度」、1つ当てはまる場合には「中度」、2つ以上当てはまる場合には「重度」だと考えてもいいでしょう。

軽度のわきがは周りにばれない?何もしなくてもいいの?

軽度のわきがの場合、夏場だったり、脇が蒸れる際に人にわきがだと知られることがありますね。

特にポリエステルの様なわきが臭がしやすい衣類を着ると、わきが臭が気になるかと思います。

軽度の方の場合は自分で気にならないならケアしなくても大丈夫ですし、もしも気になるならまずはミョウバン水や市販のデオドラントを使ってみましょう。

ただ、制汗スプレーなどではわきが対策としては不十分なこともあるので、できればスティックタイプやクリームタイプのデオドラントを使うといいでしょう。

⇒「わきがに制汗スプレーは効かない?体臭が強い人向けのものは?

中度の人はどうやってわきが対策をしたらいいの?

中度の方は軽度の方と違って周りにわきが体質の人だと知られているかもしれません。

中度のわきがでは手術をすることもできますが、病院で診察を受けたときには「わきがではありません」と手術を断られることがあります。

⇒「病院の皮膚科で臭わない、わきがではないと言われたら?

市販のデオドラントを使ってケアしている方もいると思います。ですが、持続力や効き目に満足がしてないのでしょうか?

いくつも制汗剤やデオドラントを試してみて納得がいかない場合は、使っている制汗剤やデオドラントを変えるだけでニオイを改善できることがあります。

⇒「市販のデオドラントはわきがに効かない?効果的なものはコレ!

重度のわきが体質の人は制汗剤でわきが対策できるの?

重度のわきが体質の人は手術をするという手があります。重度の方なら断られることもなく、手術を受けることができるでしょう。

手術でアポクリン線を取り除くことで、ニオイが軽減できたり、わきが臭がしなくなって改善できた人もいます。

ただ、手術には費用がかかるだけでなく、再発というリスクも伴うので、手術をしてわきがを改善するメリットデメリットについて理解してから手術を受けた方がいいでしょう。

⇒「子供のわきが手術で再発するリスクが怖い!何歳でいつ手術したらいい?

特に子供の場合は再発のリスクが大きいです。また、手術費用を出せない、手術以外の方法でなんとかしたいという方もいるでしょう。

その場合もわきが用デオドラントを使うことをすすめています。

重度のわきが体質の人は市販の制汗剤を使っても汗とニオイを抑えることは難しいでしょう。

重度のわきがの場合、消臭、制汗、殺菌とわきがの原因にしっかりとアプローチしつつ、デオドラントの使い方にも工夫をすることで、ニオイが強くても対策することができます。

手術をしたくないけど、他に手がないという人はわきが用デオドラントを使ってみてください。

⇒「使ってよかった!重度のわきがにも効くデオドラントはこちら!

⇒「子供にも使える!わきが対策におすすめのデオドラントはこちら

このページの先頭へ