娘のわきががコンプレックスにならないか心配な時は?

親からしてみると。子供がわきが体質であることがわかると、とても心配に思ってしまう人も多いと思います。

脇を出しずらくなったり、脇が蒸れないようにオシャレも思ったようにできずにつらい思いさせてしまうんじゃないか、ウェディングドレスを着ることになっても手術をしたら脇の傷が目立たないようにしなくてはいけないのかななんてことも…

娘も苦労することになるだろうなぁと心配になってしまいます。

私たち親の心配というものは、本当に絶えません。

今日は娘にわきが体質が遺伝してしまったことで、コンプレックスになってしまわないかと不安なあなたに少しお話をしましょう。

女の子のわきがはコンプレックスになりやすい

kyoufusyou_ansyo

「美は永遠のテーマ」っていうくらいですから、女であるからにはいくつになってもキレイでいたいと思いますよね。

小学校や中学校の時だったら好きな男子に可愛いと思ってもらいたいと思ってどうやったら可愛くみられるかなぁとお母さんの化粧品を借りて、ばれて怒られてしまったなんて経験もあるんじゃないでしょうか。

今だったら、旦那さんやママ友達に「キレイだね」と言われるところを想像してみてください。思わず頬が緩んでしまいますよね。

やっぱりキレイでいたいですよね。

女の子でわきが体質の人の中にはニオイの強さは弱くても脇汗がすごかったり、脇毛の量や太さが気になってそれがコンプレックスになっているという人も少なくありません。

大人になれば、毛の処理を剃るのではなく脱毛にしたりと色々自分の好きなようにできますが、子供だと金銭的な面でも親のお世話にならないといけません。

親になかなか言い出せなかったり、親がわきがに関してまったく関心を持ってくれないのが原因で、自分で解決することができずにコンプレックスになる子も多いです。

実際にわきがを気にするのは男よりも女の方が多いと言われています。

女の子方が身なりを気にするので、ニオイにも敏感なんですよね。

だから、同じ程度のわきが臭だとしても気になっているのは女の子の方が多いんです。

しかも、わきが体質で自分の悩みになってしまうと「キレイになりたい」どころではないんですよね。

「周りから嫌われたくない」とか「周りから変な目で見られたくない」そう思う人が多いです。

この気持ちを解決できないと「キレイになりたい」よりも「嫌われたくない」の方が強くて対人恐怖症になってしまったり、自己臭恐怖症になる子も多いです。

先のことが考えられなくなってしまう子もいるのです。

「周りから嫌われたくない」とか「周りから変な目で見られたくない」と思われる前に、ニオイが悩みにならないようにケアしてあげることが大切です。

ニオイが気になるときはデオドラントを使って予防しよう

medicine_nurigusuri2

小学校低学年くらいの女の子で、ニオイを気にしているようならわきがであることを伝えてデオドラントを紹介してあげるのもいいと思います。

わきが臭に気付いてなかったり、ニオイを気にしていないようなら消臭スプレーを使って衣類からニオイがしないように予防してあげるのはどうでしょうか。

これなら変に子供にニオイを意識させてコンプレックスになることもないですし、親としても子供がのびのびと成長しているところが見られるのはとても嬉しいことだと思います。

消臭スプレーを使う際には市販のものではなくわきが用の消臭スプレーを使うことをおすすめします。

わきが専用の物は消臭するパワーとスピードがありますし、洗濯すると効果はなくなってしまいますが、衣類に吹きかけておけば消臭効果が持続して子供が学校に行っている間もわきが臭がするのを予防してくれます。

⇒「子供に使ってあげたいわきが用デオドラントはこちら

このページの先頭へ