子供がわきがを気にせずデオドラントを使いたがらない

子供の中にはわきが体質なのに自覚しておらず、デオドラントを使うように言っても、面倒くさがって使わない子供もいます。

わきが臭を友達に指摘される前にはしっかりとケアをさせたいと思っているのに子供の方は意外とあっけらかんとしていて、親の方からしてみると本当に困ったものですよね。

まさに親の心子知らず。

今回は子供がデオドラントを使いたがらない時のお話をしましょう。

子供がデオドラントを使いたがらない理由は?

そもそもなんで子供はデオドラントを使いたがらないのでしょうか。

わきが体質であることを自覚してない

boy_soccer_dirty

子供によくある原因としてわきが体質であることを自覚していないことが挙げられます。

あなたがそもそも汗をかいたときの臭いや脇の臭いを気にし始めたのはいつだったでしょうか。

小学校高学年から中学生くらいになれば、みんなの体が成長してわきが臭がしたり、体臭が強くなる子供も増えてきます。

そして体育の授業やクラブ活動、中学に上がれば部活動も始まり運動部に入る子供も多いでしょう。当然、汗をかく機会が増えてくるので自然とわきが臭や汗臭さなどのニオイがすることも増えてきます。

ちょうどこの時期は子供も多感な時期なので人間関係のトラブルも増えてくることが考えられますよね。

そういった過程の中で人に指摘されたり、クサいことは恥ずかしいとか、ニオイがするのはいけないことだという認識をするようになるとニオイを気にし始めますが、こういった経験がないとわきが体質で臭いがしても子供は何も思わないのです。

ニオイが強いと気付かない

pose_kusai

またわきが臭を気にしていないというよりも気づいないという場合もあります。

子供はわきがのニオイに気づいていて、そのニオイがイヤだと思っていれば、誰かに言われるともなく自分でニオイがしないように気を付けますよね。

特にわきが体質が強くてニオイが強いと鼻がわきが臭に鈍感になってしまって、家族の人が子供いる部屋に入ったときにわきが臭が充満しているのに気づいないなんてことも少なくありません。

自覚しないまま学校に行って友達に指摘されたりいじめられる原因にもなってしまうので、こんな時は子供とわきがについて話してわきが対策をしっかりとしてあげるのがいいでしょう。

デオドラントを使うのが面倒くさい

gorogoro_man

先ほどの項目と少しかぶるのですが、子供からニオイがしてそれに子供が気づいていたとしても、あまり気にしていない場合は「多少の汗臭さは気にならないだろう」と考えている子もいます。そこは子供の性格や経験が大きなところでもありますね。

大抵の子供は小学校高学年くらいからわきが臭が気になり始める子供が増えてくるのですが、最近では小学校低学年の子供もわきが体質になることあります。

思春期になると他人の目が気になり始める時期でもありますが、小さい子はまだ自分のことでいっぱいで他人の目が気になりにくく、あまりニオイを気にしない傾向にあります。

先ほども説明したように、中学校に上がって大人に近づいてくると人の目が気になりだしてきます。男の子が女の子にモテたいとか、女の子が周りの人や好きな子に嫌われたくないと思う子も多いでしょう。

もっと人に良いところを見せようとして気を付け始める子供はデオドラントを使うことは面倒くさがらないでしょう。

親からみて「うちの子はちょっと鈍感なところがあるなぁ」なんて思うときは、子供はデオドラントをあまり使いたがらないでしょう。反抗期も重なってくることがありますので、余計に親のいうことを効きたがらないということもあり得ます。

デオドラントの使い心地が悪い

kayui

子供がニオイを気にしていてもデオドラントを使いたがらない、使ってないケースもあります。

それは、デオドラントが肌に合わずにかゆみが出てしまったり、赤みがでるケースです。

制汗作用が強くてわきがにも人気のデオドラントの中には肌が赤くなったりかゆみが起こりやすいものもあります。

わきが体質の子は周りにニオイがしていないかと気にするようになるので、自然と周りの人のことも考えられる子供になってくれます。

きっとあなたが大切に育ててくれている子供はとてもや優しい子供に育ってくれているのだと思います。

しかし、あなたがせっかく用意してくれたからこそ自分の肌に合わなかったという理由で申し訳なく思ってしまうこともあります。

子供が脇のニオイやわきが臭を気にしているのに、デオドラントを使いたがらない時はあなたの方からひとこと声をかけてみてはどうでしょうか。

もし子供の肌にあっていないようなら肌にも優しいわきが用デオドラントがあるのでそちらを勧めてあげるのがいいでしょう。

⇒「使い心地が良くて習慣になるわきが用デオドラントはこちら

子供が学校にわきが用デオドラントを持っていかない

最近の効果があるわきが用デオドラントとして人気なのがスティックタイプやクリームタイプのデオドラントです。

しかし、中学生の子供はそういったタイプのデオドラントを学校で使おうとしません。

市販のスプレータイプやデオドラントシートを使おうとします。

親からしてみたら専用のデオドラントを使ってわきが臭を抑えてほしい思いがありますが、ここにも成長したからこその子供の心理が隠されています。

この頃の子供は周りと同じでいたがるからです。

周りの友達はみんなスプレータイプのデオドラントなどを使っていますが、効き目が長持ちするクリームタイプのデオドラントなどは、周りの友達はほとんど使っている人はいません。

使っているものから行動までいろんなところで自分の意見ではなく、みんなが良いといっているものを使おうとするんです。

子供はできるだけ、みんなと同じスプレータイプやジェルタイプのデオドラントを使いたがります。

無理にデオドラントを使わせようとしなくていい

kosodate_kaiwa_girl

そういったときには、無理にわきが用のデオドラントを使わせず、お子さんの好きにさせてあげるのがいいと思います。

子供の意見をある程度は尊重してあげて好きにさせてあげることにして、もしも人になにか言われたりした時は親であるあなたがしっかりと相談に乗ってあげるようにしてください。

たとえ失敗しても親がちゃんと見ていてくれている、僕を守ってくれると感じている子供は、挫折して引きこもったりせずにあなたのアドバイスを受け入れて、しっかりとわきが用のデオドラントを使ってくれるでしょう。

できるだけ困らないように困らないようにと手を出してしまいがちですが、子供の成長を思うなら遠くで見守ってあげるのが一番子供のためになると思いますよ。

子供がニオイを気にしている様子だったら、朝塗るだけでニオイを予防することができるような持続力のあるタイプのデオドラントもあるので、子供にすすめてあげてみてはどうでしょうか。

⇒「子供に使ってあげたいわきがデオドラントはこちら

 

このページの先頭へ