子供のわきが臭は体質改善で治すことができる?

わきが体質になると手術やデオドラントでニオイの改善をしようとする人が多いですが、もう少し健康的にニオイを改善したいという人もいると思います。

わきが臭はアポクリン腺の数が多いほど強くなる傾向にあります。そしてアポクリン腺の数というのは遺伝によってほとんど決まっていて、手術などで取り除かない限りは数が減ることはありません。

しかしわきが臭や体臭が強くなる原因は他にもあると考えられています。

わきが臭の原因であるアポクリン腺の数だけでなく、アポクリン腺が活発に働くかどうかだったり、汗に含まれている成分もわきが臭の強さに関係してくると考えられています。

このページではどうやったわきが臭を体質改善で改善できるのかということについてお話をしましょう。

わきが臭が弱くなる?体質改善のカギは腸肝機能にあった!

body_chou_good

わきが臭は体質(アポクリン腺の数)によってもニオイは強くなりますが、体の中にあるニオイの原因成分を処理しきれなくなった時にもニオイは強くなります。

いわゆる「体質改善」はアポクリン腺の数を減らすのではなく、アポクリン腺やニオイの原因を減らすことでニオイがしにくい体を作るということです。

そしてニオイがしにくい体を作る上で重要なのが、 ニオイの原因物質を処理している器官である「腸」と「肝臓」です。

「腸」には食べ物を消化して栄養や水分を吸収し、体にとっていらない老廃物を便として排出する働きがあります。

「肝臓」には腸から送られてきた栄養分をエネルギーとして使える形に変える働きと、体にとって有害な物質を無害化する働きがあります。

健康な体の人の場合、腸肝循環といって食べ物を消化する際に腸内で生成されたニオイ物質(有害物質)は便と一緒に排出されるか、肝臓で無臭化(無害化)されて尿として排出されます。

しかし、腸肝機能が弱まると腸内環境が悪くなり、腸内で大量のニオイ物質が発生します。

腸がうまく働いてくれないと便秘になって腸内で作られたニオイ物質が便やおならとして体外に排出されなくなります。

そしてニオイ物質は無害化するために肝臓に運ばれます。

しかしここでも肝臓が弱まっていると完全に無臭化しきれずにニオイ物質が残ってしまいます。そして残ってしまったニオイ物質は血液中に入り全身をめぐることになります。

エクリン腺から分泌される汗は血液から取り出しているので、一緒にニオイ物質も汗として分泌されます。

健康的な人というのは汗をかいてもニオイはしませんが、腸肝機能が弱くなっている人が汗をかくとニオイがするのです。

わきが体質の人で腸肝機能が弱まるとエクリン腺から分泌される汗のニオイとわきが臭が混ざって余計に強いニオイを発するようになります。

また腸肝機能が弱っている人は血液が臭いの原因になっているので、わきが臭だけでなく、足が臭いとか、口臭が気になるといったように全身からのニオイが気になっているケースが多いです。

肝臓が弱るとわきが臭が強くなる?

body_kanzou_bad

ちょっと美肌に興味がある人や、アトピー、アレルギーで肌のことに興味がある人は知っている人も多いと思いますが、私たちの健康状態は肌の状態にも大きく関ってきます。

肝臓には体内に入ってきた油脂や添加物など体にとってよくないもの処理しています。

しかし、肝臓が弱っている時ににたくさん食べたり、油分の多い食事をして、肝臓に負担をかけてしまうと肝臓で処理しきれなかった油分は皮膚の代謝によって体の外に出そうとします。

つまり皮脂腺から分泌される皮脂が多くなるのです。

皮脂が過剰に分泌され、酸化したりアポクリン腺から分泌される汗と一緒に雑菌に分解されるとわきが臭が強くなることにつながります。

しかも脂分を多くとっていると、脂性の皮膚になって汗腺が詰まって炎症を起こしてしまいアトピー性皮膚炎のような症状につながることも多くあります。

小学校の子供には敏感肌の人やアトピー肌のように肌に肌が弱い子供が多いです。

そういった子供たちのためにも腸肝機能には気を使ってあげたほうがいいでしょう。

腸肝機能が弱くなる原因は?

実際に腸や肝臓といった内臓機能が弱まる原因としては次のようなものがあります。

生活習慣 

子供の時にはしっかりとやっておいたほうがいいことって何か知っていますか?

「寝る子は育つ」のように子供の成長に睡眠はかかせません。

今の子供はスマホでTwitterやソーシャルゲームをする子が多くなりました。

テレビゲームや携帯型ゲーム機の普及で、ずっとゲームをしていたり、スマホをいじって夜更かしするので睡眠時間も短くなり、ずっと明るい画面を見ているので寝つきも悪く、睡眠の質も落ちました。

結果として体を休めることができず、成長のためのホルモン分泌や内臓機能の調節がうまく行われなくなってしまいます。

⇒「寝不足、睡眠不足の子供は体臭が強く、わきがになりやすい

⇒「子供のわきが・体臭を悪化させる生活習慣

ストレス

stress_woman

ストレスは自律神経にも大きな影響を与えます。そして自律神経は内臓の機能の調節を行っています。

子供はとてもストレスの影響を受けやすいです。

腸はストレスの影響を受けやすく、ストレスを感じるとうまく消化酵素が働かずに腸内環境を悪化させてしまいます。

小学校位の子供の場合には爪噛みをしたり、すぐに泣く、やる気がないというように何かしらの形としてストレスが形に現れることが多くなります。

わきが臭、体臭も子供にとってはストレスを感じている信号でもあるので、もしも気づいた場合にはしっかりと子供と触れ合ってあげましょう。

食生活

syokuji_gehin

食の欧米化によって私たちが普段から食べる物は肉類や乳製品など脂肪分の多い食べ物が多くなりました。

今ではファーストフードやコンビニでジャンキーな食べ物も手軽に食べられます。

そしてインスタント食品など手軽に食べられる物は栄養が偏っていたり添加物が多く、消化や解毒を行う腸、肝臓に大きな負担をかけてしまいます。

子供の頃から偏った食生活が慢性化すると腸肝機能を弱めてしまう原因になってしまいます。

わきが体質を強くする食べ物と食事の仕方

わきが臭を体質改善で治したいなら

douzo_woman_left

わきが臭は生活習慣や食生活を改めるといった体質改善を行うことで、腸肝機能の働きを正常にし、ニオイのしにくい体を作ることができます。

子供のわきが臭に気付いているあなたはお子さんをよく見てあげていると思います。そして子供としっかりと向き合ってくれていると思います。

子供のわきが臭を体質改善で治したいと思っている方は、睡眠時間の確保と食生活に気をつけてみてください。

わきが臭を抑えてくれる食べ物と食事の仕方

このページの先頭へ