子供がわきがに気付いてないときに親ができること

子供から脇の臭いがするようになって、「子供がわきがに気付いてないけど大丈夫かな?」「私が苦労したような苦労はしてほしくないな」と思ってはいませんか?

わきが体質の親御さんはとても子供のわきが体質について心配してしまいます。これは不思議なことでもなんでもなくて、いたって自然なことだと思います。

今回はわきがに気付いていない子供に親がしてあげられることについてお話をしましょう。

子供にわきがであることを伝えるべき?

pose_kakushigoto_woman

子供にはわきが体質であることを伝えるべきかといわれたら、状況によるでしょう。

子供にわきが体質であることを伝えるのは、自分の体臭や周りのニオイを気にしてからでも遅くないと思っています。

子供にわきが体質であることを伝えるにしても、子供がわきがに悩んでいたり、小学校中学年~高学年になってからがいいでしょう。

そのころは、自分や周りの子供が、ニオイを意識し始める頃だからです。

娘さんなら「お父さんクサーイ」とか「お父さんと一緒に洗濯しないで!」なんて声が聞こえてたら、この子はニオイを気にするようになったなんだなと思って、子供のわきが体質について打ち明けるのもいいでしょう。

子供に打ち明ける際に大切なのは、子供がニオイ(脇の臭いや汗の臭い)を意識しているかどうかです。

これはわきが対策としてデオドラントを勧めようと思っている方は特に、子供がニオイを意識しているかが大切です。

子供がニオイを気にしていないのに、いきなりデオドラントを使いなさいと押し付けたらどうなるでしょう。

子供からしたら、わけもわからず変なものをつけさせられるわけです。

なんで?って思いますよね。

それなのにニオイがすることは良くないからとか、わきがだからといって、デオドラントを押し付けることは、あなたにとっては子供がこれから辛い思いをしないようにと思ってのことだというのはわかります。

ただ、子供にとって見たら、いきなり臭いはよくないもの、だからデオドラントを使いなさいと指摘することは、自分の存在を否定されたように感じてしまうのです。

それは子供からしたら、自分はいらない子だと言われているものだと感じてしまう可能性もあるのです。

もし、あなたがわきが体質でいじめられたりからかわれたことがあるなら、それと同じことを子供にもしていることになってしまうこともあるので、気を付けてください。

⇒「子供ははわきがに気付かない!?親の口から伝えるべき?

子供は基本的に見守ってあげるのが◎

kinrou_katamomi_man

子供が苦労しないようにと子供が悩む前からニオイのケアをさせたいと思っている人も多いですが、子供が気にもしていないのに、無理やりデオドラントを使わせるのは子供にとっていいことではありません。

だからまずは子供がわきが体質に気付いてなくても、そっと見守ってあげることにしたほうがいいでしょう。

最近はわきが体質の低年齢化というように食生活の変化から小学校低学年くらいの子供からもわきが臭が気になり始めることがあります。

あまりにわきが臭が強くなるようなら子供にデオドラントを使わせるのではなく、消臭スプレーで、子供が気づかないように、ケアしてあげるのがいいでしょう。

体操着や、肌着が黄ばんできたときは、洗濯などを工夫して黄ばみをとってあげましょう。

⇒「子供の肌着や体操着の脇の黄ばみ・わきが臭対策!

⇒「子供部屋がわきが臭い!部屋にこもったニオイを消臭するには?

将来的にニオイを自覚することを踏まえて、あなたがニオイを気にされているようなら、子供と普段から本音で話し合える関係を作っておくといいですね。

子供もわきがやニオイの悩みを抱えたときにお互い相談がしやすくなるし、深い悩みになる前に解決することができるでしょう。

⇒「子供がわきがを相談しやすくなる関係の作り方

子供が自分がわきが体質に気付いてる様子で自分自身からは打ち明けずらそうなら、大変だったことやわきが体質で苦労した話、失敗した話をしながら、デオドラントの使い方を教えてあげるといいのですね。

最近では肌が弱い子供でも使える肌に優しく、わきが用のデオドラントも出ているので、わきがが子供の悩みになるのが心配な方はこちらを使ってみるといいでしょう。

⇒「子供がわきがを自覚した時に親ができること

このページの先頭へ