旦那のわきがが子供に遺伝してしまったら?

旦那さんや妻のようなパートナーのわきが臭がこどもに遺伝してしまって、最近子供からしてくるわきが臭が気になってきたんですが、どうしたらいいですか?という声を保護者の方からよく聞きます。

自分自身がわきが体質なら知っているわきが対策をすればいいですが、ニオイに困った経験がなかったりすると、どんな方法が一番いいのかもわからないですよね。

今回はパートナーのわきが体質が子供に遺伝してしまったときのお話をしましょう。

パートナーと子供のわきがについて相談したことありますか?

rikon_kodomo

あなたはパートナーと一緒にわきがについて話したことはありますか?

ニオイの問題というのは、かなり人によります。

同じニオイでも気にする人もいれば、気にならない人もいます。

わきがについてあなたは話してほしいと思っているけど、パートナーに子供がわきがであることを伝えたら、傷ついてしまうのではないかと気を使うなんてこともあると思います。

すると、お互いに思いやりを持って接しているつもりが、余計に気を使ってしまって関係がギクシャクしてしまいます。

もし、子供にわきが体質が遺伝したと思ったときには、パートナーと子供のわきがについて話し合うことは大切です。

子供の問題は、あなたと子供だけの問題ではなく、あなたとパートナーと子供の問題ですから。

パートナーと子供のわきがについて話し合ったことがある

album_family

パートナーと話し合ったことがあるなら、

「最近、子供からわきが臭がするんだけど○○は小さい頃どうやってわきが対策をしてたの?子供から最近わきが臭がするから将来困らないように、ケアしてあげたいんだけど…」

なんて風に聞いてみてはどうでしょうか。

パートナーがわきが体質であることを自覚していたなら、親身になって話を聞いてくれると思います。

よっぽど関係が悪いとか出なければ、子供にもわきが対策を教えてくれると思います。

⇒「子供がわきがを相談しやすくなる関係の作り方

パートナーと子供のわきがについて話し合ったことがない

rikon

パートナーがわきがであることは知っているけど、それについて話をしたことがないのなら、

「最近、子供が遊んで帰ってくると汗臭いことがあるんだけど、パートナーは小さいころになんか汗対策とかしたことある?自分は小さいころはあまりニオイを気にせず遊びまわってたし、親にも何も言われないで生きてきたんだけど、親になったら子供のことが心配なんだよね。」

のように言ってみてはどうでしょうか。

わきがと直接言ってもいいですし、気まずいなら、あくまで子供のことが心配なんだという風に聞いてみてもいいでしょう。

パートナーと子供の汗臭さが気になることを話していて、相手が気まずそうならパートナーのわきが体質について話し合ってもいいでしょう。

ただ、今までの人生でパートナーはわきが体質が原因で、冷たい態度を取られたり、他人からわきがを指摘されて、傷ついたり、トラウマになった経験があって自分から話出せない人もいます。

人に指摘されたり、陰口のようなものを言われたことがあると、罪悪感といいますか、後ろめたさがあって、「自分は嫌われるのではないか」と自分からわきがであることを話すのにとても抵抗を感じてしまいます。

なので、できればあなたの方から「わきが体質でも嫌いになることなんてない」子供のことが心配なのということを伝えてあげてください。

そして、あなたにとってパートナーが大切であることも伝えてあげましょう。

勇気がいると思いますが、応援しています。

言わなくてもわかるでしょとは思わないで!

一番良くないのは、パートナーと話し合いをせずに、お互いわかるだろうと高を括ることです。

夫婦は血がつながってないので、肉親のように、言わなくても伝わるなんてことはまずありません。

旦那には言わなくてもわかってくれるだろうと思いこむのはやめましょう。このことはすれ違いを産むばかりで、決していい関係にはなりません。

勇気を出してあなたの方から、言葉にしてみましょう。

子供にわきがであることを伝えるべき?

pose_kakushigoto_woman

子供がニオイを気にしていない場合にはわきが体質であることを伝えなくてもいいでしょう。

あなたがニオイに心配するのは、子供が体臭のせいで嫌われたり、いじめられたりと大きな悩みになるのが怖いからではありませんか?

確かに親であるあなたが心配する気持ちもわかります。大切な子供ですから当然です。

でも、子供がニオイに困っていないのに親であるあなたが「子供はわきがっていって、ニオイがすることは良くないからデオドラントを使いなさい」なんて伝えたら、子供は「なんで」と思ってしまいますよね。

無理やり使わせようとすれば、子供には自己否定感を植え付けることになってしまい、「わきが臭がする自分なんていなければいいんだ」と自己価値の低い子供になってしまいます。

そんな風に、子供にデオドラントを使うように伝えてしまうと、子供は逆にわきがであることを差別してしまうようになるかもしれないですよね。

もしくは「わきがはよくない」というように伝えてしまうと、親のいうことを信じて、捉え方を間違えると、わきが臭をまき散らす奴は悪い奴だってなってしまいます。

逆に子供が人のことを傷つけてしまうかもしれないのです。

今回は伝え方の例なので、できればもっと上手に伝えてくれればいいのですが、ニオイに悩んでもいないのに、子供にわきがであることを伝えるのはいいこととは言えません。

もちろん子供がニオイを気にしだしたり、わきがや汗臭さに悩んでいるようでしたらわきがについて教えてあげたり、相談に乗ってあげることは、子供にとって、とてもありがたいことになるでしょう。

そして、わきがの問題は相談に乗るだけではなく、何かしらの対策をしてあげることが大切です。

参考「子供はわきがに気付かない!?親の口から伝えるべき?

子供にわきがであることを伝えるときにはわきが対策を教えてあげよう

douzo_woman_left

子供にわきがであることを伝える際には、一緒に解決方法も提示してあげましょう。

悩みを聞いてあげるだけよりも、悩みを一緒に解決できたほうが子供との関係はさらに良くなると思いますよ。

悩みを大きくしたくないと思う人は、わきが用のデオドラントを使ってあげるといいでしょう。

子供の頃は手術をしても再発のリスクがあったり、費用が余計に掛かることもあるので、できればデオドラントのような対処療法を教えてあげましょう。

中学生になると、部活や体育の汗対策として、市販の制汗スプレーやデオドラントシートを使い始めるようになります。

ですが、市販のデオドラントや制汗剤だと、わきが体質の子供には十分でないこともあります。

⇒「わきがに制汗スプレーは効かない?体臭が強い人向けのものは?

市販のものでもいいですが、わきが用のデオドラントを紹介してあげると子供の悩みを解決してあげられるでしょう。

⇒「子供に使ってあげたいわきが用デオドラントはこちら

もし困ったときには当サイト「わきガイド」を参考にしていただければと思います。

いつでもお待ちしております。

⇒「子供がわきがを自覚した時に親ができること

⇒「子供がわきがに気付いてないときに親ができること

このページの先頭へ