敏感肌でも使えるわきが用デオドラントは?

子供の頃のニオイの悩みはいじめや引きこもりの原因になってしまいます。

わきが臭は特に気になりだしたらすぐなんとかしたいと思っている親御さんも多いのではないでしょうか。

ですが、わきが体質の人の中には敏感肌の人もいます。

わきが臭が気になって市販の制汗剤やデオドラントを使っても、肌荒れやかゆみがひどすぎて使用を断念せざるをえないことも…

「できれば安全で効果のあるデオドラントを使いたい…」

子供って肌が弱いので、敏感はでも使えるような肌に優しいデオドラントを使痛いと思っている人もいるでしょう。

今回は敏感肌の場合でも使えるわきが用デオドラントというテーマでお話をしましょう。

敏感肌の人がデオドラントを使っていてかゆみや肌荒れが起こる原因は?

kayui

敏感肌の人がデオドラントを使っていてかゆみや肌荒れが起こりやすいのにはいろいろな理由があります。

塩化アルミニウム

塩化アルミニウムは制汗作用が強い成分で、多汗症やわきが臭にも効果的な成分とされています。

塩化アルミニウムは汗と反応すると塩酸などの刺激が強い成分がでてしまいます。

塩化アルミニウムが使われているデオドラントは制汗効果が高く、人気がありますが、肌が弱い人はかゆみやかぶれが出てきてしまうのです。

市販の制汗スプレーには大抵塩化アルミニウムが含まれています。制汗スプレーで脇が赤くなったりかぶれてくる、赤くなる人は塩化アルミニウムが原因であることが多いです。

わきがに塩化アルミニウムの制汗剤やデオドラントは注意が必要!

メントール

メントールの様なアルコール類は清涼感を出すために多くのデオドラントに使われています。ひんやり感を出してくれますが、乾燥タイプの敏感肌の人は、肌表面の水分や皮脂を奪うことになります。

肌の水分が失われると肌のバリア機能が低下するので、肌荒れが悪化してしまいます。

お酒が弱い家系の人は、メントール入りの化粧品を使用した時にぶつぶつや紅斑が出ることもあります。

子供はまだお酒を飲んだことがないと思うので、お父さん、お母さんがお酒に弱い体質の時は一度、パッチテストを行ってから化粧水や制汗剤、デオドラントを使用するようにしましょう。

すでに肌が荒れている、かゆくてかきこわした時にはメントール入りのデオドラントを使うと傷口に消毒液を塗ったときのような「しみる」痛さが伴うこともあります。

香料

kousui

市販のデオドラントや制汗スプレーには香料が含まれているものがありますが、香料も敏感肌の人にとってはかぶれやかゆみの原因となります。

特にわきが臭のケアをする時は無香料のデオドラントを選びましょう。

肌への刺激以外にも、香料のあるデオドラントは、「マスキング」といって悪臭の原因物質をいい香りの成分で包み込むことで、ニオイが気にならないようにするという方法を使っています。

ですが、この方法はわきが臭には効果が薄いです。

わきが体質が強い人は香料入りのデオドラントを使うと香料とわきが臭が混ざって変な臭いがしてきて、人に不快な思いをさせてしまうことになります。

わきが体質で困っている人は香料の入っているデオドラントよりも、無香料のデオドラントを選ぶといいでしょう。

こんなデオドラントは敏感肌の人には向いてない

清涼感のあるデオドラント

reikyaku_spray

乾燥肌タイプの敏感肌の場合は注意が必要なのが清涼感のあるデオドラントです。

実はさっぱりする清涼感の強いデオドラントは肌の刺激を強めてしまいます。

さっぱりさせるデオドラントや制汗剤にはエタノールだけではなく、メンソールが含まれていて、ひんやり感、さっぱり感を出してくれますが、肌を守るために必要な水分や油分も一緒に揮発してしまいます。

脇が乾燥すると肌がより刺激に敏感になってしまいます。

子供でしたら体育や部活などの運動をする機会も多いので、運動をするときや着替えの時に脇などは衣類との摩擦が起きてしまいます。

さらにデオドラントや制汗剤を使用して脇が乾燥していると、肌への刺激となってかゆみを誘発します。

女性だったら、冬にストッキングをはいたときに、乾燥と摩擦によってすねがかゆくなることがありますよね。

そういったことが脇でも起こりやすくなるので、乾燥を促してしまうパウダータイプの制汗剤や清涼感のあるデオドラントシートなどは敏感肌の人は使用を控えたほうがいいでしょう。

⇒「乾燥肌のわきが対策!臭いを抑えるためには保湿が重要!

海外製のデオドラント

海外製のデオドラントも敏感肌の人には刺激が強いことがあります。

海外製のデオドラントは効き目が高いという声も聞きますが、それは海外の人は日本よりも体臭が強いので効き目も強く作られているからでしょう。

しかし、日本人と違って海外の人は日本人よりも肌の質が違いますし、日本とは成分の規定も違います。

それに海外の香水やデオドラントには香料が含まれているものも多いです。

海外では体臭を隠すために香料を用いることもあるからです。

だから、効き目はあるかもしれませんが、日本人向けではないでしょう。

特に肌に弱い子供への使用はやめたほうがいいでしょう。

敏感肌のわきが対策は保湿力があって肌に優しいデオドラント

cosmetic_cream

敏感肌の人には「刺激が少ない」「乾燥を防ぐ」デオドラントを使うといいでしょう。

香料が入っていたり、清涼感のあるデオドラントではなく、肌を保湿してくれるようなクリームタイプのデオドラントを選ぶといいでしょう。

ニオイの原因にもなる汗を止めたいと考えている方は、制汗効果のあるデオドラントを使ってもらえばいいと思います、

ただ、制汗効果を期待してしまうと、どうしても刺激が強い成分になってしまいます。

特に思春期の子供は汗っかきになるだけではなく、皮脂の分泌が多くなって臭いが気になりだす時期でもあります。

制汗剤で汗を抑えるよりも、消臭効果のあるデオドラントクリームを使うと敏感肌のわきが対策にはぴったりでしょう。

⇒「敏感肌でも使える!低刺激で肌に優しいわきが用デオドラントはこちら

⇒「子供のわきが対策におすすめのデオドラントは?

このページの先頭へ