わきが体質を強くする食べ物と食事の仕方

良く他のサイトを見ていると、「食生活が悪いとわきがになる」いった言葉を見かけますが、食事によってわきが体質になるわけではありません。

具体的には、わきがはアポクリン腺の数が多いとわきが臭が強くなる傾向にあります。

そして、アポクリン腺は子供が生まれたときに数は決まってしまいます。

別の言い方をすると、アポクリン腺の数は遺伝によってきめられているので、生まれたときからほとんど変わることはありません。

油っぽい食べ物を食べたり、たくさん食べ物を食べてもアポクリン腺の数が増えるわけではないのです。

それでも食生活が悪くてわきがになったとか、食生活を改善したらわきがの臭いが消えたという人もいます。

今回はなぜ食事によってわきが体質がつよくなるのかについてのお話をしましょう。

食事によってわきが臭がするようになるのはなぜ?

pose_kusai

食事が欧米のように肉類や乳製品、油を多く使う食事ばかりになると、皮脂腺や汗腺に変化が起こります。

 欧米のような脂を多く使う食べ物や、肉類、など動物性のタンパク質や皮脂を多くとると、皮脂の分泌が増えたり、アポクリン腺が活発に活動するようになります。

わきが臭というのは、アポクリン腺から出た汗を雑菌が分解することによって発生します。

参考「わきが臭が発生する仕組みとわきが体質になる原因とは?

だから、アポクリン腺が活発になると、わきが臭は強くなります。

そして過剰に分泌された皮脂は、酸化されると強いニオイを出したり、アポクリン腺と混ざって雑菌によって分解されるとわきが臭を強くします。

汗腺からは粒の大きく蒸発しにくく、ベタベタした汗を出すようになり、体臭を強めてしまいます。

極端な話をしてしまうと(実体験ですが)、アポクリン汗腺の数が少ない非わきが体質の人も、毎日ラーメンをスープまで飲んでいたら、肥満になり、脂汗をかくようになり、体臭が臭いどころかわきが臭までしてくるということがありえます。

私は学生の頃にそんな生活を送っていたら、わきが臭が強くなった時期がありました。

ただ、周りの友達にはニオイの前に健康が心配だといわれていましたが…

逆に、軽度のわきが体質の人や、非わきが体質の人で体臭、わきが臭に困っているのであれば、ニオイのない食べ物や内臓機能を高めてくれる食べ物を食べれば、ニオイが改善されるというケースもあります。

これは私がラーメンを毎日食べるのをやめて、毎日野菜をとるようになったらかなり改善したということからも明らかだと思っています。

子供のわきが体質は親次第?

job_kyusyoku_chourishi

こんなに極端な食生活をする人は他にいないと思いますが、子供のころの食事は誰が決めているでしょうか?

子供自身ではなく、食事は大人である私たちが作りますよね。

ちょっと言い方を変えると、子供は食べるものを選ぶことができません。

これは、毎日の食事を作るあなたが、子供のわきが臭を生み出しているということにもなってきます。

自分がわきが臭でとても困った経験があるのに、実は自分が子供をわきがにさせてしまったのはあなたかもしれないのです。

もしも、子供からわきが臭がしてきて困っているのなら、あなたが毎日用意する食事次第でお子さんのニオイは変わるかもしれません。

わきが体質を強くする食事

具体的にはどのような食べ物、食べ方がわきが体質を強くするのでしょうか。

今回は体臭が強くなる食べ物や食事の仕方も一緒に紹介させてもらいます。

  • 高たんぱく、高脂肪の食べ物、動物性タンパク質、動物性の脂肪が多い

  • インスタントや添加物の多い食べ物を食べる

  • 好みのものばかりを食べる(偏食)

  • 熱すぎたり、冷たすぎる食べ物が好き

  • 十分に食べ物をかまずに飲み込む
  • 香辛料を好み、ニンニクなどのニオイの強い食べ物をよく食べる

  • 胃をあらすような刺激物を好む

  • 塩分、糖分を摂りすぎる

  • お腹がいっぱいになるまで食べる(大食い)

  • 就寝前に飲食をする

高たんぱく、高脂肪の食べ物、動物性タンパク質、動物性の脂肪が多くなった

今までの日本では、米を主食とした魚介類、野菜、魚介類、大豆などの大豆製品が中心の食生活をおくってきました。

しかし、食の欧米化に伴ってパンを食べるようになり、おそらくほとんどの家庭で肉類が食卓に出てくるようになりました。

普段の食生活で考えてみましょう。

主食だった米がパン食に代わることでトーストにバターを塗って食べるようになりましたよね。

味噌汁や煮物、魚を焼くにしてもグリルで焼くので油を使う機会はありませんでしたが、サラダにドレッシング、焼肉、炒め物に油、何を食べる時にも油が使われるようになりました。

お子さんにあげるおやつも高たんぱく、高脂質の食べ物ばかりになってしまいました。

和菓子といえば小豆で出来たあんこやきなこ、寒天、もち粉などで作るので、お団子やようかん、おせんべいなど低脂肪の食べ物ばかりだったのに今では洋菓子が多くなりました。

例を挙げると、ケーキ、クッキー、アイス、チョコレート、ポテトチップスなど何を食べてもバターやクリームを使った乳製品が多く、ポテトチップスにしても揚げ物なので油が多く含まれており、どれも高たんぱく、高脂質な食べ物ばかりです。

わきが臭が強い人は特に動物性の脂肪を多くとる傾向にあります。

これは先ほど説明したように皮脂腺から皮脂の分泌が増えるだけでなく、アポクリン腺や皮脂腺を発達させてしまうので、摂りすぎには気を付けたほうがいいでしょう。

普段から油ものばかりよく食べるなと思っている人は揚げたり、炒めるのではなく、食べ物を煮たり、蒸したり、焼いたりする食べ方を変えるといった工夫をすると脂の量を減らすことができます。

⇒「小学生低学年なのにもうわきが?わきがの低年齢化は食と肥満にあり!

インスタントや添加物の多い食べ物を食べる

food_tenkabutsu

私たちは子供たちにインスタントや冷凍食品、既製品、惣菜などの添加物が多い食べ物を食べることが多くなりました。

既製品は油を使った料理も多いですし、日持ちを良くさせたり、キレイに見せるために添加物が多く入った冷凍食品、インスタント食品もあまり子供のためには良くないと考えられます。

私たちが子供たちに健康な食事を用意してあげられない背景として、勤務時間が多くなったことが挙げられます。

いまでは、お父さんの仕事が忙しくて、家に帰ってくるのは子供を寝かしつけてから、なんて家庭も少なくないと思います。

お父さんが育児に参加できないと、お母さんが一人で何とかするしかありません。

共働きだったらなおさらのことでしょう。

すると、食事を作る時間もなく、惣菜やインスタント、冷凍食品などの既製品などをどうしても使うようになってしまいます。

好みのものばかりを食べる(偏食)

kuishinbou

偏食をする人もわきが体質を強くしてしまうことがあります。

特に偏食になったときに多くの人は肉類や洋菓子類を多く食べる人が多くなります。

確かにニンジンやピーマン、トマトなど野菜が食べられないという子供は多いですよね。

野菜を取らなくなるということは食物繊維を取らなくなるということにつながります。

すると消化不良を起こしてしまい、腸内環境が悪くなり、口臭や体臭にもつながります。

偏食になって栄養が偏って発達障害にもなりますし、何より肉類ばかり食べるということは高たんぱく、高脂質の食事につながってしまいます。

もちろん子供にはどうしても食べられないものがあるのは仕方がないと思います。

私も子供の時はナスがどうしても食べられませんでした。

今では、とても好きな食べ物のひとつなんですけどね。

熱すぎたり、冷たすぎる食べ物が好き

子供の場合、暑くなる夏場に冷たいものばかり食べることもあまり体には良くありません。

体温調節になるのでは?と思う人もいると思いますが、内臓を冷やしてしまって、血行が悪くなり、消化機能、や代謝機能の低下を招いてしまいます。

すると汗を出す機能が正常に働かなくなるのです。

正常に汗を出せなくなると、体の体温を調節ができなくなってしまいます。

⇒「汗っかきの子供は注意?わきが・体臭を強くするいい汗と悪い汗

十分に食べ物をかまずに飲み込む

hayagui

十分に噛まずに物を食べると、食べ物を胃で消化しきれないまま腸に送られます。

消化不良になった食べ物が腸にいくと腐敗してしまいます。

食べ物が腐ったら嫌なニオイがしますよね。

それが腸にあるわけですから、体の調子は悪くなるし、ガスを出すので、便やオナラのニオイは臭くなります。

子供のころは良く学校の給食で先生に早く食べると怒られたりしましたが、体臭が気になる人は良く噛んで食べるようにしてあげましょう。

香辛料を好み、ニンニクなどのニオイの強い食べ物をよく食べる

pepper_mill_kosyouhiki

私たちが体から出すものは体に取り入れたものしか出ていかないですよね。

食べ物にニオイがあるものを食べ続けると、当然体臭も強くなります。

 ニンニクや香辛料、ネギなどのニオイの強い食べ物をずっと食べ続けるのもニオイが強くなる原因になります。

胃をあらすような刺激物を好む

character_tougarashi

子供のころに私は良く七味唐辛子をたくさんかけて食べるのが好きでしたが、これも体には良くないです。

辛いものを食べたら汗が出るから逆にいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、辛い食べ物は消化不良を起こしますし、アポクリン腺を刺激するのでわきがを体質を強めてしまうこともあります。

お腹が弱い人は辛い物を食べるとおなかを下してしまいます。

辛いものが好きな人は少し気を付けるといいでしょう。

塩分、糖分を摂りすぎる

cooking_hitotsumami

これも子供には、特に注意してあげたい項目です。

既製品はどうしても塩分や糖分が過剰に入ってしまいます。

特に塩分は私たちは毎日過剰にとっているので高血圧になったり、血液のめぐりを悪くしてしまいます。

血の巡りを悪くしてしまうことは体の細胞に栄養がいきわたらずに新陳代謝が低下を招きます。

老廃物がたまって体臭を強くする原因になってしまいます。

糖質も私たちは毎日過剰に取っています。

炭水化物を多くとるようになっただけではなく、ジュースなどの加工飲料水を私たちは常備して飲むようになっています。

自販機はすぐそこにありますし、何よりもお水よりもおいしいですからね。

しかし、ジュースや甘いお菓子を食べるだけで、私たちが一日にとるべき糖質を超えてしまいます。

子供が外から帰ってきて、のどが乾いたらジュースを飲ませているという場合には今日から子供のために麦茶を用意して冷蔵庫に入れておいてあげましょう。

お腹がいっぱいになるまで食べる(大食い)

manpuku_kurushii

お腹いっぱいになるまで食べると消化器官を休めることができず、消化不良を起こしてしまったり、栄養過多になってしまいます。

肥満は子供のわきがを早めてしまいますし、わきがのニオイを強くしてしまいます。

そして子供は大抵親の食事を見ています。

あまり食べない子供ならあまり食べない子供になりますし、おなか一杯食べる親なら子供もたくさん食べるでしょう。

私の家ではお父さんが大皿からかっさらっていくので私もおかずがなくなってしまうので、負けじとたくさん食べていました。

そうしたら早食い、大食いに育ってしまいました。

腹八分目を意識して一緒に食事をとりましょう。

就寝前に飲食をする

syokuji5_yasyoku

寝る前に食べ物を食べているというのもあまり体臭という観点からすると良いことではありません。

就寝前に食べ物を食べたりすると子供の成長にとても大きな役割を果たす睡眠の質を下げてしまいます。

小学校の子供の場合、睡眠時間を9時間以上は取ったほうがいいといわれています。

子供は朝7時くらいに起きると思うので、大体6時から7時に晩御飯を食べて夜9時~10時には寝かしつけてあげましょう。

寝不足、睡眠不足の子供は体臭が強く、わきがになりやすい

わきが体質を抑えるには

わきが体質、体臭が強くなる食事の仕方を紹介しました。 

次はわきが体質を抑えるための食事についてお話をしていきたいと思います。

それでは「わきが体質を抑える食事」に続きます。

このページの先頭へ