夏場で薄着の時にわきが臭がしないように気を付けることは?

夏になると汗をたくさんかくようになるし、薄着になる機会が多く、わきが臭が気になって心配に思う方も多いでしょう。

わきが体質を自覚してから夏場にシャツ1枚は、苦痛で仕方がないという人もいるくらいです。

特にタンクトップ、チューブトップ、キャミソールは脇を出すからニオイがしないか気になってしょうがないし、恥ずかしく思ってしまう人もいるでしょう。

そしてニオイだけではなく、カラーシャツを着た時なんかの脇の汗シミも気になりますよね。

特に女の子だとおしゃれをしたくても、わきが体質なばっかりにノースリーブみたいな脇を出す服が着れないのも辛いですよね。

特に女の子はこのことを気にしてコンプレックスを感じてしまうことも少なくありません。

暑い夏場に脇のニオイを気にすることなくTシャツ一枚で過ごせたらいいですよね。

ということで、今回は夏場に薄着になるときのわきが対策についてお話しましょう。

夏場は脇を蒸らさず、ニオイがしない工夫を

banzai_boy

普段、私たちが気にしているわきが臭は汗をかくことだけが原因ではありません。

わきが臭は垢や汗に含まれる分泌物を雑菌が分解することによって発生します。

実はわきが臭や脇のニオイって、夏よりも蒸れやすい冬の方が強くなります。

夏よりも冬にニオイが強くなるのは、重ね着をたくさんすることで、汗を服の外に逃がすことができなくなるからです。汗を服の外に逃がすことができないと、脇が蒸れて雑菌が活発に行動しやすくなります。

夏場に薄着になるのは、わきが体質の人からしたらニオイがしにくくなる良いことです。ですが、薄着をしてもニオイは気になると思います。

薄着をすれば脇が蒸れないようにすることはできても、雑菌は繁殖するのでニオイ成分が分泌されています。

それに、夏場に汗をかかないなんて、できないですよね。

脇だけじゃなくて、私たちは体温調節のために、背中や首、顔、手、足などいろんなところから汗をかきます。

そして、近年はヒートアイランド現象のように都心部ではかなり気温が高くなっているし、涼しい部屋の中と、暑い外では気温の差が激しくなって汗をかきやすくなっています。

汗には体温調節という機能があるので、汗をかかないようするというのは難しいことでしょう。

だから、夏場は「汗が出ない」ようにするのではなく、「ニオイが発生しない」ようにすることが大切です。

⇒「夏を乗り切る!わきが、脇汗がひどくなる子供の脇の臭い対策

ニオイが強くなる衣類の素材

fuku_tatamu

雑菌が繁殖しやすいような服装でいるとニオイは強くなります。汗をかいたときに通気性が悪くて蒸れると、ニオイの原因菌が繁殖しやすいです。

そして脇が蒸れやすいかどうかは、衣類の通気性も関係してきます。

特に大切なのは、衣類の素材です。

普段過ごしているときの服装でわきが臭のニオイの強さは変わります。

ニオイが気になるときの服装を想像してもらったときに、ナイロンやポリエステルといった化学繊維を使った衣類を着ている時が多かったのではないでしょうか。

ナイロンやポリエステルのような化学繊維は水分を吸わずにすぐに乾きやすいという特徴はありますが、シャツとして着たときにはシャツの下に汗がたまってしまいます。

肌表面に雑菌と汗が存在すると雑菌が繁殖してニオイが発生していしまいます。

逆に100%綿の素材のものは乾きにくいですが、脇の通気性は良くなります。

汗を吸収してくれるので肌表面がずっと濡れているわけではないですし、汗を吸い込んで濡れているようにニオイの成分も揮発しにくいと考えられます。

ナイロンやポリエステルに比べて綿素材のものはニオイがしにくくなります。ポリエステルや混合繊維は洗濯後の乾燥が簡単ですが、ニオイがしやすいのです。

夏に薄着で過ごしたい人は綿100%の衣類を着るようにしましょう。

小学校の体操着には綿のものが多いように、綿の生地だと汗が肌表面にたまりにくくなるので、あせもや敏感肌、アトピーの子供にもおすすめです。

肌に密着しないゆったりとした服装

脇のニオイが気になるときには脇が蒸れてべたべたしていると思います。

脇が蒸れないように通気性を良くするために肌に密着しないゆったりとした服装を心掛けるといいでしょう。

できるだけ肌に密着せずに物理的に余裕を持たせて、脇と生地が密着し続けないように少しゆったりとしたサイズの服装を選ぶといいでしょう。

汗や水に強くて効き目の強いデオドラントが夏場のわきが対策にはおすすめ

kamihikouki_boy

夏場に薄着をしたときには服の素材などに気を付けることも大切ですが、ニオイ対策をすることが大切です。

薄着をしたり、脇を出す場合は脇汗は乾きやすいので、ニオイはこもりにくくなります。

だからデオドラントで雑菌が繁殖しないようにしてあげることが大切なんです。

汗は乾きやすいけれど、わきが体質の人や子供は汗っかきであることも多いです。汗をかく量が多いのです。

雑菌が繁殖しないように効き目のあるデオドラントを使ったとしても、背中や首にかいた汗が脇に来ると、デオドラントが汗にとけて効果が薄れてしまいます。

脇は皮膚同士がこすれやすいところでもあります。汗をかきながら脇がこすれるのは、蛇口のをひねって手をこすり合わせて汚れを落としているようなものです。

だからデオドラントも落ちやすくなってしまいます。

多汗症などの汗っかきの人ほど、制汗剤を使おうとするのではなく、汗で落ちないデオドラントを使ってニオイがしないようにすることが大切です。

デオドラントを塗った後にはニオイがしないという安心感を得られることができます。

薄着をしたり、脇を出しても臭わないと思えるようになることで、緊張や不安による精神性発汗も少なくなり、汗が出る量も減っていきます。

できるだけ汗に強くて落ちにくいデオドラントを使うと夏でもわきが臭に悩まされずに過ごすことができるでしょう。

⇒「子供にも使える!汗で効果の落ちにくいわきが対策デオドラントはこちら

⇒「使ってよかった夏場でも使えるわきがに効くデオドラントランキング!」

このページの先頭へ