子供のわきが手術で再発するリスクが怖い!中学生でも手術できる?

「子供にわきがの手術をすると再発するってよく聞くんだけど…」

「まだ小学生だけど年齢的にわきがの手術をしても大丈夫?」

「何歳からなら、わきがの手術は再発しにくいの?」

子供からわきが臭がするようになって手術をしたいと考えていて、web上の情報を見ていると、子供にわきがの手術をしても再発するということをよく見かけますよね。

お金もかかるし再発と聞くと手術をするのはためらってしまうけど、子供にはわきがで悩んでほしくないと思っているのではないでしょうか。

今回はわきがの手術で再発しないようにするには何歳で手術するのがいいの?ということをテーマにお話をしましょう。

小学生・中学生のわきがは手術をしても再発しやすい

pose_kusai

あなたが調べてきたように、小中学生の場合、わきがの手術をしたとしてもわきが臭が再発することがあります。

それは子供の脇にあるアポクリン腺はまだ未発達なものもあるからです。

わきがの手術というのはアポクリン腺を取り除いたり、破壊して機能しないようにするものです。

ですが、わきがの手術をした時に取り除けるアポクリン腺は発達して大きくなったもので、未発達のアポクリン腺を取り除くことができないこともあり、どうしても取り残しが出てしまいます。

手術をしても取り残してしまった未発達のアポクリン腺が成長して活発になるとわきが臭が再発してしまいます。

わきがの手術してからどの位で再発するの?

わきが臭が再発したという方は半年くらいで臭いが気になりだす人もいれば、数年くらいは大丈夫だったという人もいます。

10年弱で臭いがしてきたり、女性であれば妊娠や産後のようにホルモンバランスが崩れてわきが臭がしてくることがあるときに再発することもあります。

またわきが臭ではなくわきが臭とは違うけど体臭が強くなったというケースもあります。

これは術後臭と呼ばれるもので、医学的には説明できないけれど、実際に手術を受けた方の中には体臭が強くなったということがあります。

しかも術後臭は医学的には認められておらず、保証などを受けることができません。

これくらいたったからわきがはもう再発しないで安心ということはないのです。

⇒「子供のわきが手術が失敗して再発する確率は?

子供にわきがの手術をさせるなら何歳頃からがいいの?

school_gakuran

わきがの手術が再発しにくくなるのは女の子では16歳以降、男の子は18歳以降を目安にするといいでしょう。

女の子の方が体が成長するのが早いので、その分手術に向いている時期も早くなるんですね。

手術を受けるのは18歳~20代前半の頃が身体的にも時間的にも、適正でしょう。

18歳~20歳というと高校を卒業して大学生になるころですよね。

大学受験が終わった後に新しい環境、新しい生活が始まる4月まで1ヶ月~2か月ほどあると思います。推薦の場合はもっと時間的な余裕があると思います。¥

社会人になってからでは時間的な余裕はなくなってきますから、その前に手術を受けることが時期としては一番いいのではないでしょうか。

小学生のわきが手術をしようと思って病院で診察をしてもらったとき、場所によっては再発のリスクがあるからと断られることもあります。

心配な時は直接病院で問い合わせをしてみるといいでしょう。

⇒「小学生の子供でもわきが手術は受けられる?年齢制限はないの?

わきがの手術は納得がいくかどうかが大切

counselor

手術前のカウンセリングを受けているときに、「手術をすれば絶対治る」、「再発なんて気にしなくていいですよ」という医師もいるでしょう。

話をしていてプライドが高いなと思ったり、あまりに断言するような医師には手術をすることは控えたほうがいいかもしれません。

術後の話で「私の手術に失敗はない」、「匂いなんてしません」といった冷たい態度を取られてしまうこともあるからです。

「手術をすれば治るの?」と不安に思っている人を安心させるために手術をすれば絶対に治ると言ってくれているのかもしれませんが、手術には「絶対」という言葉ありません。

手術をするからには治したいですよね。

手術の費用だってただではないですし、保険が適用されなかったら結構しますから。

誰だって失敗はしたくありませんし、子供のがっかりした顔は見たくないです。

それでも、安易に「絶対手術すれば治ります」と言う方はあまり信用しないほうがいいでしょう。

手術を受けるときに大切なことは、手術をしたときにどんなリスクがあるのか、たとえ手術で再発が起こったとしても、自分が子供を思う気持ちを理解してくれ、手術に最善を尽くしてくれるかどうかだです。

わきがを相談できる人は少ないと思います。なので、一人でも信頼できる人がいるのは心強いことですよね。

本当に信頼できる医師はあなたの質問に対して理解を示してくれると思いますし、「信用に答えられるように全力を尽くします」「できる限りのことをします」といってくれる方であれば、再発の可能性があったとしてもこの人に任せてみようと思いますよね。

子供自身が納得して自分の意志で手術をしたがっているか

そして本人が納得をして手術を受けることができるかも重要です。

あなたがもしわきが体質で困った経験があるなら、手術を受けるに越したことはないと思うかもしれませんが、小学生、中学生だとまだわきがに悩んでいない状態の子もいるでしょう。

もし、子供がわきがに悩んでいたならリスクがあったとしても手術を受けたいと思うでしょう。本人の意志で手術を受けるので、もし再発してもある程度は納得できるところもあるでしょう。

この先、子供の体と付き合っていくのは子供自身です。できるだけ、子供の意志を尊重してあげてください。

子供が自分で決断するという意味でも、高校生になってから手術をしても遅くはないと思います。手術をしても後悔しないと思えなければ、手術はしないほうがいいでしょう。

⇒「子供がわきがの手術が失敗して術後に臭いが再発したら

わきが体質は手術なしでも治せるの?

親の遺伝でわきが体質になった子供は、アポクリン腺が大きかったり、脇にあるアポクリン腺の数が多い傾向にあります。

わきが体質は手術をしてアポクリン腺を取り除いたりしなければ、完治(一生ニオイがしなくなる)すると言い切ることはできません。ですが、食事や運動によってニオイを軽減したり、デオドラントを使って対処していくことができます。

小中学生のわきが手術には再発というリスクが伴ってしまいますから、再発しにくい年になるまでは、デオドラントを使って悩みに発展しないように教えてあげましょう。

小学生、中学生のわきが手術で後悔したくないときは?

kamihikouki_boy小中学生のわきがの手術をしたいけど再発が心配だという方は、再発しにくい年になるまでは、デオドラントなどでケアしてあげましょう。

わきが体質が強くて、体を洗ってもすぐにわきが臭がしてくる、周りの人に指摘されて困っている、市販のデオドラントが効かないというのであれば、わきが用デオドラントを使ってみてはどうでしょうか。

最近では子供の肌にあわせて、アトピーやかぶれやすい子供でも使えるように肌への刺激が弱くてわきが臭を抑えてくれるものがありますから、安心して使うことができると思います。

手術費用が気になっているのであれば、まずはデオドラントなどを使って子供の悩みをとってあげながら、子供が手術しても大丈夫な年になるまで、手術費用を貯めてあげてはどうでしょうか。

⇒「子供に使えるわきが対策におすすめのデオドラントはこちら

⇒「使ってよかったわきがに効くデオドラントランキング!

このページの先頭へ